FC2ブログ

笑顔つなげて

防災や環境など、日々思うことを綴ります

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


昔の敷居と今の敷居

11月29日(月)11時19分
日本建築の中で敷居は、建具を移動したり
部屋を間仕切るだけの目的で
取り付けられたものではありません。

敷居によって家の秩序や位を位置づけたり
していました。

「敷居が高い」とか「敷居をまたぐ」とかの
言葉もこの様な背景があったのではないかと
思います。

又、昭和30年代の敷居は、建具を取り外しやすく
する為、敷居の上端より、1センチ畳との段差を
することもありました。

近年は、バリアフリーを言われる様になり
段差を無くするように変わってきましたし
敷居も取り付けない部屋も考えられてきました。

時代の変化だと思います。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

hokoyama

Author:hokoyama
長年の経験から得た家づくりのコツを、あなたにもおすそ分けします。
長野が大好きな私たちです。
何度、行っても新しい発見が出来るところです。
それは、私たちをいつも暖かく受け入れてくれるご夫婦がいるからです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。