笑顔つなげて

防災や環境など、日々思うことを綴ります

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


住宅用火災警報器

04月13日(火)10時47分
住宅火災から犠牲者を減らすための装置です。

         ↓
   法律で義務化されました。

既存住宅 平成18年6月1日以前の建物

      市町村の条例により、遅くとも

     平成23年5月31日までに設置する。


■ 設置しなければいけない部屋

警報器はやたら、めったら取り付けても意味がありません。
また、一つ付ければOKというものではありません。
正しく理解した上で、正しく設置しましょう。


       寝室  階段  その他(居室など) 台所・居室

1F(平屋)  ○  --

2F      ○   ○               ○

3F以上    ○   ○     ○


※なぜ火災報知器を設置するのか?

家の中で火災が発生した場合、いち早く知らせるためのものです。
1Fで火災が発生した場合、階段から2fへ火があがる。
このことから、なぜ階段に必要かわかりますね。
スポンサーサイト


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

hokoyama

Author:hokoyama
長年の経験から得た家づくりのコツを、あなたにもおすそ分けします。
長野が大好きな私たちです。
何度、行っても新しい発見が出来るところです。
それは、私たちをいつも暖かく受け入れてくれるご夫婦がいるからです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。