FC2ブログ

笑顔つなげて

防災や環境など、日々思うことを綴ります

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


家づくりは、家族の舞台づくり その3

05月31日(日)08時19分
●今日は私の家族の話をさせていただきます。

私は26歳で結婚し第二の人生をスタートしました。

お陰様で3人の子供に恵まれ、

両親と一緒の屋根の下で暮らしていました。

父親は私が結婚してから 6年後に他界しました。

突然の急死でしたので、

家庭の事 会社の仕事の事 町内の事など

一気に大津波が私を襲いました。

だから 私は 必死に働きました。

ですから 子育て家計は妻に任せ放しで とにかく働きました。

妻は子育てに大変苦労したと私に言います。

他人事の様に言うのは 私は 殆ど毎日 仕事に追われ

家族と過ごす時間はありませんでした。

自慢ではありませんが 子供3人とも

幼稚園から中学校まで

私が行ったのは5回までだと思います。

運動会とPTAで一度だけ役をしたとき二男の卒業式くらいで

本当に 父親失格です。

私が父親失格したことを思うようになったのは

子供が成人したころです。

でもね、毎日の生活費や 子供の教育費 仕事の付き合いなど

本当に働かないと、生活できなかったのです。

特に3人の子供の教育費は

お金がかかりました。

今 3人の子供は社会人になり 一人娘は昨年結婚しました。

●家を建てるのに計画から完成まで7年。

そして 結婚・子育て・・・

子供が幼い頃は 5人が一緒の部屋で寝起きしていました。

でも 長男が中学校にいくようになって 個室が必要になり

その当時 350万円ほど出して 蔵をリフォームして子供部屋

二室作りました。今 思えば この子供部屋も失敗でした。

子供部屋があれば 勉強頑張るだろう 喜ぶだろう・・・

そんな 親の高慢で勝手な事を私は考えていたのです。

もうお分かりでしょう。

子供部屋を与えるタイミングと親子の約束が出来ていなかったのです。

だから 私は建築士でありながら 後悔しました。

こんな 家づくりは みなさんにお勧めできません。

だから こうして 失敗しない家づくりを皆さんに聞いて

いただいているのです。

この続きは また。
スポンサーサイト


TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

hokoyama

Author:hokoyama
長年の経験から得た家づくりのコツを、あなたにもおすそ分けします。
長野が大好きな私たちです。
何度、行っても新しい発見が出来るところです。
それは、私たちをいつも暖かく受け入れてくれるご夫婦がいるからです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。